Sponsered Link

 

 

一流の人はマネをして学ぶ


そうでない人は、自己流で事を進める

 

 

 

 

TVボードを提案するときには

 

配線経路、取付下地をどうすれば良いのか
ということも考えなくてはなりません。


特に
私が提案している

 

床から浮いている形=フロートタイプのTVボード

に関しては、

 

 

建築工事や電気工事にも絡むところが多いので、

決して

「見たから出来る」というものではありません。

 


それに

 

この形(フロートタイプ)のTVボードを採用している
ハウスメーカーにとっても
図面は社外秘扱いとなっているものと思われます。

 


ですが

 

「アイディアブック」

 

では

 

せっかく

無料レポートに
興味を持っていただいた上で
お読みいただいているわけですから

 

あえて秘密の情報も公開しているのです。

 


そして


継続的にお読みいただければ

造作家具の知識が蓄積していきますので

 

やがて

 

その知識の差は
大きなものとなることを確信しています。

 

 

言うまでもなく

 

家具の知識を得るには家具屋から学ぶのが
一番です!

 

 

何故ならば

プロとアマチュアの差と同様、


かけている時間の長さが
圧倒的に違うからです。

 

 

ある言葉を耳にしたことがあります。

 


一流の人はマネをして学ぶ

Sponsered Link


そうでない人は、自己流で事を進める

 

と・・・

 

好みというものは
当然あると思いますが

まずは

マネから始めると

次の展開に進む時間を短くすることが
必ずできます。

 

*残念なことに

使用しているメルマガスタンドでは
バックナンバーを購読いただけません。
ご了承ください。

 


>>今すぐ確認してください<<

 

 

tvボード取り付け詳細1

 

 

 






家の不安解消



お問い合わせはこちら


Sponsered Link