オーダーのTVボードの作品例を数多く目にしますが
TVボード単体だけでは物足りないと感じてしまいます。

デザインや材質がどうのと言う前に
建物との融合が気になるからです。

では建物との融合とはどんなものでしょうか。

ここで例を見てください。

 

tv11 1 TVボード単体の設計だけでは物足りない(建築側の協力を得ましょう)

 

 

これは床から浮いて見えるTVボードですが
実際の写真を見てみましょう。
(図面とは若干違っていますが断面図は同じです)

 

フロート式TVボード1000 1 1 TVボード単体の設計だけでは物足りない(建築側の協力を得ましょう)

 

 

どうでしょうか、浮いて見えますか?

 

本題に入りますが、

これを実現するには建築側の協力が必要だということです。

つまり
家具の設計をしただけではなく、建築側にも承諾を得て始めて実現可能となったと
いうことです。

インテリアを独立したものと考えるかというとそれは違いますよね。

カーテン一つを取ってみたって部屋の広さや他の家具の色と形により
違ってくるのは当たり前です。

ですから
TVボードをただかっこいいから、安いからといってすぐに飛びつくことは
避けたほうが良いでしょう。

 

まとめ

・インテリアは家全体を見る

・家具は建築側の協力を得る

 

 

 

フロートテレビボードの価格表はこちら

CADデータ集 TVボードデータ キッチンデータ 階段データ
caddata150 1 TVボード単体の設計だけでは物足りない(建築側の協力を得ましょう) tvdata150 1 TVボード単体の設計だけでは物足りない(建築側の協力を得ましょう) kitdata150 1 TVボード単体の設計だけでは物足りない(建築側の協力を得ましょう) stdata150 1 TVボード単体の設計だけでは物足りない(建築側の協力を得ましょう)
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

 

スポンサーリンク