オーダーの洗面化粧台は
壁に大きなミラーが貼ってあるものが多い、と言いますか、
それが普通だと思っていましたが、

以下に紹介する洗面化粧台は
ミラーを壁に立てかけているだけです。

 

 

こちらでも紹介しています。

 

 

ですが
ただミラーを立てかけているわけではないということが
この写真から伝わってきます。

それは
高さがある洗面器を置くことで
カウンターの高さを下げていることにあります。

それにより

立てかけたミラーであっても充分姿を確認することが
できるというわけです。

洗面化粧台を設計するときには
高さを先に決めてから設計することが習慣となっているので
こういう発想は生まれにくいのかな?
と思っているところです。

 

 

 

【LINE@始めました】

TVボードのご依頼方法

住宅設計に欠かせないCADデータ集

【無料】SNS拡散ツール

【LINE@の始め方【建築業編】

 





スポンサーリンク