バリアフリーには足りないところがいっぱいある

 

 

齢が30代から50代には快適に住める住宅であったとしても
そのまま高齢にさしかかっても安全に住めるかというと疑問が残ります。

“家庭内の事故は老人ばかりではありません”

“階段の手すりは両側に付けること”

“寝室や廊下、階段周りにはフットライトが必要”

“トイレの落とし穴”

など見落としがちな点について具体的に説明をしているリフォームサイトをごらんください。
いかに家に危険なところが多いかが分かるはずです。

http://xn--eckj0bzexc7c5c1h2267cps3c.xyz/

 

 

 

Source: blog