家に関する出版物と家具に関する出版物は 今もって別々なジャンルとして存在しています。

建物の雑誌を見ても 家具はよく作ったなあというレベルのもので 特に素晴らしいという感動を呼び起こすものとはなっていません。
なぜならば 建物の設計者と家具の設計者は違うという点にあり 経験値に圧倒的な差があるからです。

一方 家具と言えば ジャンルが多すぎることも原因ですが 基本的に 単体として販売されていて、
お客様は 家に納まるサイズのものを選ぶものとされています。
つまり 家は家、家具は家具という構造が変わることは無く いつまで経っても 双方の交わりが表に出ることはありません。
それには 情報が操作されている向きを感じています。

面倒を避けるという理由が主? では 造り付けの造作家具(キッチン)と呼ばれるものは手が出ないほど高価なものなのか? 答えは「否」です。

管理が難しい? 答えは「否」です。
他の既製品メーカーと変わりません。

では何故扱わないのか?
特別なノウハウと共に 管理する時間や手を取られるからという理由に他ならないからです。
でもそれは全て自社で完結しようとするからで 他の技術を迎え入れるという器量の問題ではないかと感じています。
「旧態依然」 から逸脱してみませんか?
その為のノウハウ提示をk-designは厭いません。

お問合せはこちらまで  

=家具屋にどこまで依頼するか=  

=造り付けの家具と一口に言われても=