LINE@を始めたばかりで
まだ慣れていませんが、

少しずつ
LINE@の優位点がわかってきたとともに

LINE@では長い文章は読まれないということで
記事を書くときの文字制限があるということも
わかってきました。

ですが
ブログにurlで誘導すると解決する話なので
あまり気にしていません。

それよりも

最大の利点は

こちらからのお知らせは
確実に届くという点以外にありません。

メールマガジンの到達率が良くても20%以下という現実を考えたとき
100%届くLINE@がそれに変わるということは当然予想されます。

となると
今後いろいろな企業がLINE@を始めることになると思いますが

ただ会社のイベントなどのお知らせを乱発しては
ブロックされてしまいかねません。

(自分もそうですが・・・)

ですから

相手にとってのメリットだけではなく
ベネフィットを伝える内容にするという点を
吟味する必要があると思っています。

ちなみに

自分の場合は
オーダー家具を設置することで得られる満足感こそが
大事だと思っていますので
ひとつ上のインテリア情報をお届けしたいと思っています。

それには
まだまだほかの導入例を見ながら
運営の仕方を学んでいかなければいけないですね。

 

 

 

line2.21 100%届くLINE@で発信する優位性と注意する点

 

 

 

 

 

 

【LINE@始めました】
line300 3 100%届くLINE@で発信する優位性と注意する点

TVボードのご依頼方法
tv300 1 100%届くLINE@で発信する優位性と注意する点

住宅設計に欠かせないCADデータ集
sekkei300 100%届くLINE@で発信する優位性と注意する点

【無料】SNS拡散ツール
tool300 1 100%届くLINE@で発信する優位性と注意する点

【次世代のLINE@ステップ配信システム】
line300 100%届くLINE@で発信する優位性と注意する点

 

 

 

 

フロートテレビボードの価格表はこちら

CADデータ集 TVボードデータ キッチンデータ 階段データ
caddata150 1 100%届くLINE@で発信する優位性と注意する点 tvdata150 1 100%届くLINE@で発信する優位性と注意する点 kitdata150 1 100%届くLINE@で発信する優位性と注意する点 stdata150 1 100%届くLINE@で発信する優位性と注意する点
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

 

スポンサーリンク