無垢材を扱うときに
いつも思うのは、

「どうすればモダンに見せることができるだろう」

ということです。

無垢材だからモダンにはならないというわけでは
ないのですが、

単に耳を削ぎ落としたりするということは避けてというと
限られてくるのです。

特に脚には荷重がかかるので
シンプルに見せることは容易くないのです。

ということで
よくありがちな鉄骨を使ったりとするわけですが、

Pinterestでこの写真を見つけたときはちょっと驚いてしまいました。

まず最初の印象は

オシャレ!

それで無垢材の存在感も数多くの繋ぎ(「ちぎり」というには大きすぎる)
で中心の合わせのすき間をルーバーのようにしているところは圧巻でさえあります。

普通は
合わせるときにすき間を最小限にし、ワンポイントで「ちぎり」を使うのが
一般的です。

ですから
このような発想はしたことがありません。

まさに逆転の発想です。

そして
脚の形状も普通ではこのような形は考えつきませんね。

とても勉強になりました。

 

 

 

【LINE@始めました】

TVボードのご依頼方法

住宅設計に欠かせないCADデータ集

【無料】SNS拡散ツール

【LINE@の始め方【建築業編】

 

CADデータ集【TVボード、階段、キッチン】一式はこちら

CADデータ集【TVボード、階段、キッチン】
公式サイト

 

個別データ集はこちら

TVボード設計CADデータ集 アイランドキッチン
CADデータ20選
階段設計CADデータ集
公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

 

スポンサーリンク