[住宅提案の差別化に役立つ家具設計データサンプル]

の中の

寝室用TVボードの解説を

アイディアブックで

してみました。

先ず

建築の平面図を渡された時に

当然ながら

TVボードを付ける場所を確認しなくてはいけません。

当たり前に思うでしょうけど、

意外とこれが
守られていないことが多いのです。

これは

過去の施工例を元に設計している場合に見かけられます。

つまり

ただ
コピペすると

1Fには問題なく搬入できても
2Fには上げることが出来ないという

初歩的なミスを犯してしまうということです。

笑えないです(^_^;)

話は変わって、

このTVボードは

すでに完成している
家に付けるということでしたから

下地の位置がもう決まっています。

ですから

下地の位置を平面図から確認して
それに合わせて設計をしなくてはいけません。

こういう事から

特注家具の利点

先付けでも

後付けでも

柔軟に対応できる

という所にあるということを
覚えておいてください。

続きは

アイディアブックにて・・・(^-^)

t02200165 0500037513333745451 TVボードをすでに完成している場所に取付する。(=設計する)

▼▼▼
[アイディアブック] を読んでいただくには

限定公開の[家具設計のノウハウ資料=図面データ100以上!]
の詳細とさらなるブレゼントはこちらから⇒家具設計.jp

 
 

 

フロートテレビボードの価格表はこちら

CADデータ集 TVボードデータ キッチンデータ 階段データ
caddata150 1 TVボードをすでに完成している場所に取付する。(=設計する) tvdata150 1 TVボードをすでに完成している場所に取付する。(=設計する) kitdata150 1 TVボードをすでに完成している場所に取付する。(=設計する) stdata150 1 TVボードをすでに完成している場所に取付する。(=設計する)
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

 

スポンサーリンク